Event is FINISHED

LODチャレンジ2018ミートアップ (キックオフイベント)

Description
LODチャレンジ今年度最初の公式イベントです!
LODチャレンジ2018の作品募集は6月1日から始まっておりますので、この機会をお見逃し無く!?

データが次世代の情報インフラとして社会で必須であることは広く認知されるようになりました。公的機関や企業が公開したデータが、社会において個々の需要や課題に対応し利活用されることが期待されています。そのためには、より使われやすいリンクト・オープン・データ(Linked Open Data)の必要性が高まっています。

今年で8回目の開催となるLinked Open Data(LOD)チャレンジは、2011年のコンテスト開催当初からオープンデータの可能性を信じ、コンテスト形式での開催というスタイルで、データの公開や活用にチャレンジする皆様を後押ししてきました。特に、データをよりコンピュータで扱いやすく、組み合わせて機械が利用しやすくするための「Linked Open Data」の技術の普及に力を入れています。

LODチャレンジ2018ミートアップではデータを公開している公的機関、企業、個人が集い、初心者の方からプロの技術者や研究者の方まで顔を合わせ知り合う事で、Linked Open Dataの技術開発に取り組みやすくなる場を提供いたします。

◆開催概要
日時:2018年7月2日(月)
17:30 開場
18:00-20:30 ミートアップイベント
20:30-22:00 懇親会
   ※ イベント終了後、同会場で懇親会を開催

場所:国立情報学研究所 12F会議室 (1208,1210)
参加費:無料
    ※18歳未満の方は保護者の方の同意を得た上で参加申込を行なってください
懇親会費:2,000円(高専生、大学生、大学院生:1,000円、高校生以下:無料)
主催:Linked Open Data チャレンジ Japan 2018 実行委員会
後援: 一般社団法人人工知能学会セマンティックウェブとオントロジー研究会


◆プログラム

1. LODチャレンジ2018応募のポイント(LODチャレンジ2018実行委員会)
  • 開会挨拶・今年の開催について
  • 昨年度振り返り

2. Lightning Talk(応募作品紹介、技術解説、サービス・製品紹介、etc.
  • 『ナレッジグラフ推論チャレンジの紹介』 古崎晃司(大阪大学)
    • 要旨:人工知能学会で実施している「ナレッジグラフ推論チャレンジ」の紹介をします。本チャレンジでは、シャーロックホームズの短編小説をLOD化したナレッジグラフを使って、犯人を推理する技術にチャレンジします。
  • 『社会課題を議論しよう(俺にも言わせろシステム)』 年岡晃一(中部大学)
    • 要旨:デジタル革命に乗り遅れないよう社会システムを再構築するためのオンラインディベートシステムの提案。
  • 『農業分野における標準語彙の構築』 朱成敏(国立情報学研究所)
    • 要旨:農業ICTシステムの総合運用性のために開発された標準語彙と提供している関連データの紹介。
  • 『TBA』 塚本初恵(愛知県立春日井南高校/ICT情報工房)
  • 『オープンデータづくりに関する3つの取り組み』 志田健一(特定非営利活動法人まちづくりエージェント SIDE BEACH CITY.)
    • 要旨:LinkDATA.orgを利用したハッカソンの実施、可視化ツール(Tableau、E2D3など)を使用したハッカソンの実施、非営利セクターとしての取り組みなど。
  • 『Tweet2LinkDataで始める参加型オープンデータ』 小池隆(合同会社緑IT事務所)
    • 要旨:Tweet2LinkDataによる参加型オープンデータの事例と成果の紹介。Tweet2LinkData利用のお勧め。
  • 『意外と簡単!DXな時代のプラットフォームを試してみよう』 鈴木茂雄(ESRIジャパン株式会社)
    • 要旨:LODチャレンジに応募を検討中の多様なコミュニティーの方々に、Esri が提供する、意外と簡単な、デジタル トランスフォーメーション時代のプラットフォームの使い方をご紹介します。
  • 『歴史上の戦いを地図上に表示するやつを作った。』 窪田文也(glucose inc.)
    • 要旨:LODチャンレンジ2018に応募中のTevere(https://tevere.cc)についての紹介。
  • 『LODチャレンジと私』 林正洋(京都市役所)
    • 要旨:過去の受賞作品や、今後の応募予定作品の紹介をします。LODチャレンジ2018を面白コンテンツで盛り上げたい!
3. アンカンファレンス
  • アンカンファレンステーマ説明
  • アンカンファレンス
  • 結果共有
  • クロージングトーク

※プログラム詳細は、随時アップデートいたします


Lightning Talk (LT) 発表者募集
ミートアップでLTを希望の方はお申し込みフォームにて「LT希望」をご選択下さい。
LT発表者の参加登録フォームは下記URLからアクセスお願いいたします。

後日発表形式の詳細を連絡させていただきます。
以下は発表内容の一例です。

・これまでにLODチャレンジに応募した作品の紹介
・LODC2018で応募予定の作品の紹介
・LODC2018への応募を目指している作品の開発者、協力者募集
・LODチャレンジ2018への作品応募に使える製品やサービスの紹介
・技術解説(LOD、オントロジー等)
・オープンデータ系コミュニティ、イベントの紹介

LTのお申し込みについては原則先着順とさせて頂き、定員に達した時点で締め切らせて頂きます。
会場にゲストネットワークはございませんので、発表者方でネットワークが必要な方は自前のモバイルルータ等をお持ち下さい。
なお、LODやオープンデータからかけ離れた内容の場合、ご発表をお断りさせて頂く可能性がございます。


◆日本最大のオープンデータコンテスト「LODチャレンジ」とは

 LODチャレンジは、開かれたデータづくりやデータ活用にチャレンジする皆さまを応援し、活動の発表の場を提供する日本初のオープンデータのコンテストです。2011年度の開催開始より、行政から民間まで広くオープンデータの提供や応募の呼びかけを行い、幅広い分野におけるデータ公開・利活用の事例やアクティビティを表彰することで、日本のLinked Open Dataの普及を後押ししてきました。
 LODチャレンジでは、オープンデータがよりつながるための技術的な支援、オープンデータをきっかけとしたコミュニティ形成の支援を通して、新しい価値を創り出す取り組みを盛り上げていきます。

[お問い合わせ先]
LODチャレンジ実行委員会事務局
メール: lod@linkdata.org
Twitter: @LodJapan
公式Webサイト:http://lodc.jp
公式Facebookページ: http://www.facebook.com/LOD.challenge.Japan
LODチャレンジ参加者Facebookグループ: https://www.facebook.com/groups/1499998473634234/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#350061 2018-07-02 07:59:04
More updates
Mon Jul 2, 2018
6:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
国立情報学研究所 12階 1208・1210会議室
Tickets
ミートアップ参加チケット FULL
懇親会参加チケット(会費は会場受付にて現金支払) FULL
Venue Address
東京都千代田区一ツ橋2丁目1−2 Japan
Organizer
LODチャレンジJapan実行委員会
977 Followers
Attendees
96